投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

欲しいといえば手に入るようになる!

イメージ
ちょっとびっくりしたんです。旦那と。

なんと去年の支出が収入を大幅に上回っていました!!!



それで二人で話し合い。
新しい家に引っ越して家具を買ったり、車2台買ったりしたんでまあ、しょうがない部分もあるのですが。。。

最近、私の出費がかさんでいると。

私がもっと稼がないとね、ってことになりました。私はお金かかるからね、って。

なにせ自分で自分を幸せにすると決めてから、お金使いたい放題!😜
マッサージとか💗、娘をヌヌに預けたりとか💗、おいしいアイスを食べたりとか💗、縮毛矯正をしたりとか💗。。。

しかも、最近始めた私の仕事(日本語教師)、もろもろの必要経費を差し引くと、たいしてお金にならないんです!

それを知ってて、了解したうえで、それでもやりたいから、と始めたのですが、やっぱりもう少し稼ぎたい、ということで、校長先生たち(複数の学校を掛け持ちしてます)に折り紙クラスを開講できないか聞いてみました。

そうしたら、一つ目の中学校で、「予算が、、、」と言いつつも、「去年の残ってる予算から払えるかもしれない。」ということで、開講決定✌ もう一つの学校で、「興味のある生徒がいたらできるかもしれないから、募集のポスター作って」と言われました。きっと生徒は興味を持ってくれるはず。💕

聞いてみるもんですね。

たいして収入は増えないけど、空き時間で収入が増えるようになるから、よかったなー、と。

これを、さきこさん流設定変更で考えると、お金がもっと必要と明らめたら、自然ともっと稼がなくては!と思い、もっと稼ごう!と決断し、結果お金が入るような行動をとったら、あっさりとお金の入るルートが開かれた、ということですよね。

なんか、あっけないくらい簡単ですね。

この調子で、どんどん邁進していこうと思います。

あ、それから、旦那様との関係も向上してます💕
自分の本音を少しづつ言えるようになってきました。❤
しかも、家事も手伝ったりしてくれてます💗
私が好きなことにお金を使いまくっているのに、責められませんでした💝
なんでだろ~?
自分に、パートナーに、正直になってきたおかげかな💟

恐るべし設定変更パワーです!



設定変更、成功ビジョンのダウンロード…

最近、藤本さきこさんの本やサイトを読んで、自分の設定変更をしようと試みています。

それで、部屋がごちゃごちゃしてるので断捨離をしたり、自分の理想とするイメージを思いえがいてみたり。

そんな中、抜書きしようと思ってとっておいた本をノートに写そうと、手にとりました。

昔買った成功するための本。😃

昔からこんな本ばっかり読んでいるのに、一向に成功する気配はありません。😃😃😃

中身だけ取ってあるので、タイトルも著者名もないのですが、そうじ関係の本で成功している方の本です。

そのなかに、こんなくだりが。

-----------
「成功するためには、あなたが成功したときのビジョンをありありと思い描きなさい」というのはどんな人でも聞いたことがあり知ってるはずの定番のはずなのに、どうして成功できないんだろう、と。
-----------

確かに、私も、いろんな本で読んで、なるほど、と思い、実践しようと何度も思っていたはずのこと。でもいまだに自分の納得のいくような成功は手にしていません。

その後、こんな風に続きます。

-----------
問題は、「お金持ち暇あり」をイメージできないこと。
自分が成功しているイメージをありありとイメージすることができない。
なので、成功ビジョンを体感して、ダウンロードする必要がある。
-----------

何年も前に何度もこのくだりを読んでいるのですが、今なお成功ビジョンはダウンロードされてません。。。

そのためにお勧めの行動は、「高級ホテルのラウンジで一杯1000円のコーヒーを飲む」とか、「モデルルームを見学したり、住みたい家のイメージを明確にする」とか、「ブランドショップツアーをする」とか、「成功者のセミナーに参加する」とか。

まあ、住んでるところがすんでるところ(ニューカレドニアの超ド田舎)なので、なかなかこんなことはかなわないのですが。。。

この本と、設定変更、通じることがたくさんあります。というよりも、本質は同じですよね。

自分の現状を知り、明らめ、自分はどんな風になりたいか、どんな感情を味わいたいかを明確にし、その感情を味わうことに決めて行動する。

自分がなりたい自分をイメージし、そうなるように努力する。それだけのこと。

それだけのことなのに、できてない。

イメージしたら、忠実に、意識して行動しないとだめね。

たとえば、
縮…

恐るべし設定変更! 神様ありがとう!

イメージ
最近、藤本さきこさんのブログや本を読んでいます。

テーマは設定変更!

自分の思い込みから来る自分で作り上げた設定を、自分が進みたい人生の方向に変更しよう、という主張。

すごーくためになります!

少しずつ、私もノートに書いて、自分で作ってきた設定を「明らめ」て、「感じ」て、「決め」ています。


お金の神様に可愛がられる「3行ノート」の魔法(KADOKAWA)出版

この本にしたがって、早速ワークをやってみました。

「自分を褒める100のこと」

自分のことを100個褒めてみる、というワーク。十数個ですぐに行き詰まり、ヒントにしたがって何とか100個、短所なども盛り込みつつ見つけました。

多少ダブってることもあるはず。なにせひとつのキーワードがやたらと何度も出てきたのです。それは、「私はがんばっている。」という感情。

結構衝撃でした。

家事をがんばってる、育児をがんばってる、食器洗いをがんばってる、パートナーとの関係向上に勤めている、海外でがんばっている、外国人としてがんばってる、外国語でがんばっている。。。。。。。がんばってることだらけです。

しかもこのがんばってると自分で思ってることに限って、家族からけなされてることだったりします。

ここから見えてきた事実は、被害者意識がすごく強いけど、全部自分で選択して今の現状を引き寄せた、自分の願いはすべて叶ってるということ。(明らめ)これは家族のおかげ、宇宙のおかげ、神様のおかげ。全部叶ってる!神様すごい!ありがとう!神様大好き!(感じる)みんなのおかげで全部叶ってるんだから、感謝しよう。家族に感謝しよう、宇宙、神、大いなる存在に感謝しよう!家族のためにいろいろしよう!(決める)

こう決めた後、「もうがんばらなくていい」、という言葉がひとりでに浮かび上がってきました。自分ひとりで全部しなければ、と肩に力を入れてたのは、ほかならぬこの私だったということに気づきました。夫も、長女も、私が素直に普通に頼めば、手伝ってくれていたのです。ただ、私が頼まなかったり、頼み方が悪かったりしてただけなのです。
わたしが一人でがんばっていたのは、頼み方が分からなく、頼むのが怖い自分をごまかすためでした。これも衝撃の事実!自分の恐怖を隠すためにがんばっていたんです。

なーんだ、頼むのが怖かったのか!と。エネルギーを向ける先を完全に間違ってたのね。ちょっと…

パートナーに本音が言えるようになると、彼の対応が変わります!

イメージ
こちらの記事に、旦那に言いたいことは我慢せずに言おう!と決めたと書きました。

パートナーに言いたいことは我慢せず言おう!きっと分かってもらえる!

それ以来、少しずつ、本当に言いたいことを言ってきています。

自分にとって面白くない指摘を受けて、ついついいらっと怒り口調で言ってしまうことが多かったりはするのですが、それでも自分の本心を我慢しないで言うことができたりします。(まだ言いたいことを飲み込んでしまうこともありますが。。。)

その結果、旦那の対応も少しずつ変わってきつつあります。😃

いつも旦那は、私のしなかったことに目を向けて非難してくるのですが、(たとえば掃除が行き届いてない、とか、長女の宿題をちゃんと見ていない、とか、次女とちゃんと遊んであげてないとか。)今日も、「長女の宿題を見直せといったのに、なんで見直さなかったのか。」と言われました。それで、私は、「仕事から帰ってきて、疲れて泣く次女をかまいながら、荒れくれた部屋を一人で掃除機かけて、洗い物もして、食事も作って、そんな暇がなかった。しかも長女に聞いたら、宿題はした、と言ってたし。私のしなかったことを逐一非難するんじゃなくて、私のしたことに感謝してほしい。」と日ごろ思ってることを口にしました。特に返事もなく、その後はすこし気まずい感じになりつつ、別行動。

数時間後、旦那が外から帰ってきて、「あ、台所、すごくきれいだね。」といってくれました。今までそんなこと言われた事がなかったので、びっくり&うれしい&照れで「あらそお?汚かったから、拭いたよ。」と言いました。

さっきあんなふうに言ったから、気を使ってくれたのかな。

まだまだ、ついけんか腰&怒り口調で言ってしまうのですが、我慢しないで言いたいことを言えるようになってきています。次のステップは、負け犬が吠える感じではなく、あくまで対等な話をする雰囲気で本音を話せるようにしようと思います!

教訓

これからは、思ったことをその場ですぐに旦那に言う。彼にテレパシーはない。言わなければ伝わらない。旦那は私の考えてることに驚くかもしれないが、言ったら、少なくとも私の思ってることは伝わる。

A partir de maintenant, je dis ce que je pense tout de suite sur place. Il n'a pas de t…