ひさびさに

2012/01/30
こうも長い間ブログをアップしてないと、どう再開していいのやら。
でも書きたいという思いはあるから、とりあえず書いてみます。

----
2011年、日本に住みに行く予定が、東日本大震災と原子力発電所の影響のためにキャンセルした。
持っていた日本行きのチケットの日付は3月16日だった。
地震&津波と聞いた時ははただ延期するつもりだったけど、余震も多いうえに放射能の被害を考えると、わざわざ幼い娘を連れて東京に行くことは考えられなかった。
ましてや旦那は放射線技師。ちょっとした知識があるからなおさら。
でも、ニューカレドニアから離れる準備はすでに進んでいたから、そのままニューカレドニアにいることもできなかった。
しかも7月にフランスで旦那の妹の結婚式があり、カナダのバンクーバーに住む旦那の兄一家も実家に来る予定だった。この兄弟結集の機会は逃したくなかった。
というわけで一家で旦那のブルターニュの実家に戻ってきた。

----

その後のいろいろははしょって、、、

現在は旦那の実家からそう遠くないPlestin Les Greves という町に住んでいます。
仕事はCaissiere スーパーのレジ打ち。
大卒で最低賃金をもらいつつレジっていうのもなんですが、失業率の高いブルターニュで、外国人のくせに仕事できるだけでもありがたいかなー、と思ったりしてます。

ただ、不況がすっかり行きわたってて、フランスに帰ってきてから暗い話ばかり。
何もかもが高くて、給料は安く、フランスの格付けは下がり、ガソリンはまた値上がりし、冬は寒いのに暖房費が高いから暖房をつけられない家庭がある、とか、お湯も高いからお風呂はだめ、とか、そんな話題ばかりで、世間全体がちょっとうつ状態?
しかもespris critique 批判精神を大切にしておしゃべり好きのフランス人だから、話さずにはいられない!!!
旦那の実家にいた時には、毎食事そんな話ばかりで、すっかり滅入ってしまいました。。。
娘がいたのが救い。。。

2011年はいろいろな紆余曲折を経てなんだかとってもダークな1年だったのですが、今年はもう少し夢と希望のある年にしたいな。

あ、娘は幼稚園にも通いだし、すくすく元気に育ってます。
おしゃべりもとっても上手で、親が驚くほど。
ボキャブラリーがパピーとマミーの影響で、3歳の女の子らしくない話し方をするところがなんとも面白い。
日本語もちらほら言ってくれます。
私としては早く日本語で会話したいんだけど、まだそこまでには及ばず。
ま、そのうちね。あぜらずに。



0 コメント: