イル デ パンに行ってきました

2007/08/22

先週、イルデパンにキャンプに行ってきました。

すっごくきれいでした!

















カヌメラビーチ。

マスク&チューバ&ウェットスーツ持参で魚たちを観察。
水中では日差しがきらきらと輝いて、魚たちもとってもきれい。

いかが泳いでいたり、トランペットというながーい魚や、ちょうちょという平べったくてカラフルな魚や、ニモでおなじみのクマノミや、ブダイ、深海魚のような目の大きい魚なんかが泳いでいました。



ピローグという船に乗って魚のたくさんいるピシンヌ ナチュレルにも行きました。
帆船で1時間くらいかけて、ゆっくりと海を渡ります。海のエメラルドグリーンと、木々の鮮やかな緑色、そこに真っ白な帆をかざした船。
おとぎの国のよう。
その後30分ほど歩いてピシンヌ ナチュレルに行き、魚に餌付け。
パンを差し出すと、魚たちがすごい勢いで集まってきます。
魚たち、観光客慣れしてます。


緑豊かな場所にある洞窟にも行きました。
懐中電灯片手に散策。
中にはこうもりがたくさんいました。





ニューカレドニアの有名な観光地、イルデパン。
ニューカレドニアに引っ越してきて数ヶ月、はじめての観光地への旅行でした。
いわゆる楽園、というイメージの真っ白な砂のビーチに感動です。

観光客だらけなのに、自然が見事に保護されていて、感心します。


面白いのは、観光客みんなが、ほぼ同じ行程をたどっていたこと。
同じ船でやってきて、同じ車で同じ宿に行き、同じエクスカーションに参加して、同じ散歩道を通って、同じ車でまた同じ船に乗ってヌメアに帰っていく。
ヌメアのホテルまで同じ人がいたりして。


それにいろいろな生き物に出会いました。

イルデパンのエスカルゴ、ノトゥという世界で一番大きなはと、トリコレイエという、世界で一番の猛毒を持つヘビ、赤と緑の小さくてかわいい鳥、小さなこうもり、マンタレイ。

動物たちとの出会いは、運しだいなので、見ることが出来るととっても感動しますよね。


そうそう、先日、私の住むポワンディミエで、クジラとイルカに遭遇しました。

クジラは高台から遠くのほうに水しぶきを発見。どうやら親子のようです。
クジラがやってくるシーズンとのことで、近くにいるとはうわさには聞いていましたが、自分の目で見れて感動。

イルカは、なんと近くの小島からのカヤック帰りに、遭遇。
3匹のイルカが、数メートル横を泳いでくれました。しばらくの間、イルカと戯れ。
一度だけ、頭も出してくれて、顔もしっかり拝見。
だんなは船から何度も見ていますが、私は初めてで、しかもカヤックから、という水面から見れて、本当に感動。

ニューカレドニアに来たときから、クジラと、マンタと、特にイルカとカメとジュゴンは見てみたい、と思っていたので、後はカメとジュゴンを残すのみ。
だんないわく、カメが頭を出したところを見たんだけど、あまりはっきりと分からなかったから、ちゃんと見てみたい。

ほかの動物たちも、水中から見てみたい、っていう思いもあるけど。
出会うには、もっと海に行かないといけないのよね。
水中はまだちょっと恐る恐るだけど。
イルカとカメと泳いでみたいなー。